ミョウバン水 シッカロール

制汗剤、消臭剤の代替品

手の臭いや手汗は専用の制汗剤が最も優れていますが、コストや購入の手間などのデメリットもあります。
また、人により手荒れを起こす人もおり、全ての人にとって優れているという物ではありません。

 

ここで市販の材料で制汗剤や消臭剤の代替品となる物をご紹介します。

 

ミョウバン水とシッカロール

 

ミョウバン水

ミョウバンとは食品添加物の一種であり、スーパーや薬局で売られています。
本来は食品の色落ちや型崩れ、アク抜きに使われる物であり、人が口から摂取する前提で製造させている物です。

 

市販のみょうばんを水に溶かすと酸性になり、これに殺菌消臭効果があることから家庭でみょうばん水を作り、百均のスプレーボトルなどに入れて携帯します。
手汗や脇汗、足などの汗や臭いが気になったら直接吹き付けて使用します。

 

臭いの原因となる雑菌を死滅させることで消臭効果が出るという事です。

 

ミョウバン水の作り方は、購入してきたミョウバン(焼きミョウバンまたは結晶)を決められた割合で水にとかして原液をつくります。
これを冷蔵保存し、使いたい分だけ希釈し、携帯します。

 

 

ミョウバン水(原液)の作り方
水1500ml
ミョウバン50g(焼きミョウバン、ミョウバンどちらでも可)

 

水にミョウバンを溶かしてよく混ぜ合わせます。
冷蔵庫に2日程寝かして、原液が透明になる事を確認できれば完成です。

 

原液は10倍程度に希釈して使用します。
保存期間は1ヶ月程度になりますので注意が必要です。

 

 

シッカロール

 

シッカロールとはベビーパウダーの事です。
赤ちゃん等の肌の弱い人に、保護剤として使用するパウダーです。

 

したがって制汗作用がありません。

 

パウダー状なので肌の余計な油分を和らげる事、荒れ気味の手肌を保護する目的で使用します。

 

メリットは薬局などで入手しやすく安価である事です。
デメリットは粉状なので巻き上げてしまった場合に回りや服を汚す恐れがあります。

 

人通りが多い場所では使いにくい点があげられます。

 

手汗対策にはそれほど効果は望めませんが、一時的な臭い消しや肌の保護に使用する場合には良いかもしれません。

 

 

上記のミョウバン水とシッカロールの効果は人それぞれであり、専用の手汗クリームや消臭クリームなどと比較した場合には効果が弱い場合もありますのでご注意ください。