手洗い 臭い 対策

臭いの種類に特化した手洗い方法

普段の生活では、手で様々なものを触りますが、物に触れた後に手に付いた臭いが気になるという方もいるでしょう。
特に主婦の方は、炊事や家事などで臭いが付きやすいため、臭いの消し方について知っておきましょう。

 

柑橘系を利用した臭い消し

まず、最初の臭いを落とす有効な方法としては、柑橘類を使用する方法があります。
柑橘類としては、レモンがおすすめとなり、レモンの他にもミカンやオレンジでも効果はあります。
レモンは魚の臭いや掃除の後の臭い、汗の臭いなど様々な臭いを消す効果があり、レモンに含まれているクエン酸が殺菌力を持っているためです。

 

洗い方としては、石鹸で手を洗った後に、レモンの汁を手に擦り付けます。
10秒ほど時間を置いてすすぎ終了となります。
果汁だけでなく、皮も有効となる成分が含まれているため、料理などに使った後には捨てずに取っておくと良いでしょう。

 

 

重曹を利用した臭い消し

柑橘類を使用する他に重層を使用するという方法があります。
重曹には臭いを吸着する作用があり、玉ねぎの嫌な臭いや魚の生臭い臭いも消す効果があります。

 

手の洗い方としては、重曹を手に付けて擦るように洗います。
石鹸と混ぜて洗うという方もいるので、洗いやすい方法を選択して洗うようにしましょう。

 

肌が敏感でそのまま重曹を付けると肌に負担をかけてしまうのが不安という方に関しては、お湯に重曹を入れて手を浸けると臭いを落とすことができます。
重曹は万が一口に入っても大丈夫な食用のものを選ぶことで安心できるでしょう。
手を洗う以外にも、選択の時に入れたり、汚れが落としやすくなるため、掃除の時にも役に立つものとなるので、自宅にないという方は、購入を検討してみても良いかと思います。

 

販売しているところとしては、ドラッグストアや百均などになります。

 

ステンレスを利用した臭い消し

何も購入しないでも手の臭いを消す方法もあり、使用するものとしては、ステンレスとなります。
キッチンがステンレスという家庭がほとんどですが、手に臭いがついた場合は、こちらに手を擦り付けることで臭いを落とすことができます。

 

手を擦る時には、濡れていないと効果がないため、擦る前にはステンレスを濡らしておくようにしましょう。臭いを落とせる理由としては、ステンレスが微弱な電子を帯びているためです。
プラスの電子を帯びており、嫌な臭いの成分はマイナスの電子の場合が多いためです。
電子同士が引き寄せられて分解されることになります。キッチンだけでなく、ステンレス製のスプーンや調理器具などでも大丈夫なので、まずは試してみて効果を実感してみましょう。

 

きちんとした製品が欲しい場合にはマジックソープなどと呼ばれる石鹸の形をしたステンレス製の固形物が売られていますのでそちらを購入しましょう。